カゴの中身をみる
CLEVER最新情報
CLEVER所在地
ご意見・商品に関するご質問
特定通信販売法に基づく法規
ジーンズ/パンツ Tシャツ・ロングスリーブTシャツ スエット(トレーナー) シャツ アロハシャツ・ハワイアンシャツ ジャケット・ブルゾン・アウター スニーカー・ブーツ 財布・バック・ベルト・雑貨等
シュガー・ケーン バズリクソンズ サンサーフ インディアン・モーターサイクル テーラー東洋 チェスウィック デラックスウエア バーンズ
ウエアハウス ダブルワークス フェローズ トパーズ クッシュマン アールイーメイドイントウキョウジャパン エフオービーファクトリー JohnBulll/ジョンブル
ファニー ドルチェ・ビータ レッドウィング Sweep!!LosAngeles,CA/スウィープ RIDING HIGH/ライディングハイ フルカウント/FULLCOUNT その他ブランド・Wyatt&Billy・TOPAZ・IRONHEART・RUSSELL レディースページへ
 
 
■Red Wing/レッドウィング
 レッドウィング社はその名もレッドウィングというミネソタ州の街にある。 当時、この豊かな土地にはいろいろなインディアンの種族住んでいた。レッドウィングという名は、その土地を治めていたスー族の大曾長ワクタ・レッドウィングから付けられたものだ。レッドウィングシティーは現在でも古き良きアメリカのノスタルジーに溢れた美しい街である。 1905年、チャールズ・ベックマンと14人のメンバーは一軒の靴工場を建てた。これレッドウィングシューズの誕生である。創業当時は日産わずか150足という規模の古典的な工場だった。 1950年に誕生したアイリッシュセッターは現在までその基本的デザインはもちろんのこと、素材、製法に至るまで手の掛かる当時そのままの方法でつくり続けられている。完成度の高いクオリティとスタイルは誕生から40数年を経た現在もかたくなに守られている。このブーツはアメリカのワークブーツの歴史に大きく刻まれた傑作で、アメリカ国内はもちろん、世界中で愛される永遠のワークブーツのシンボルとなり多くの人々の心を掴んで離さない。
拡大します全体-ブラック ↓ ■創業間もない頃より、一部の商品を除きほとんど商品において、ガセット・ タンという袋状の構造をしたベロのデザインを使っています。これはベロの脇から砂利や水靴中 に入り込んでくるのを防ぐための仕様であり、様々なアウトドア環境で活動するワーカー、ハンター にとっては有効なものです。↓
■品番やサイズ表記などの製造管理表示は、2003年頃まで採用されていた、旧式のスタンプ表記を再現しています。長い間、工場の地下に保管されていたスタンプ用の機械を、引退した元スタッフを呼び、使える状態にメンテナンスすることからのスタートでした。↓ ■現在のレッド・ウィング社の靴のタグは、羽根ロゴと共に、品番、サイズ、他の情報を一括表記する タイプです、#2015では60年代中頃から1996年まで使用されていたプリント羽根タグを再現し ました。↓
■1962年までは、ほとんどの商品でレザーレースを使用していました。#2015 にはプラック「クロ ンダイク」の色にあわせた珈琲色をしたクラシック感のあるレザーレースを採用しています。↓ ■創業間もない頃より1990年代中頃まで、レッド・ウィングの商品には右足のクォーター内側上部 に「RED WING」の刻印をほどこしていました。この刻印も再現されています。↓
■左:94年製造のブラック「クローム」、右:現行モデルのブラック「クローム」 ↓
 1990年代初期までの、ブラック「クローム」 は革の芯まで黒色に染まった芯通しの革ではなく、芯の色茶色いもの使用されていました。これは、茶色い革と黒い革をつくる際に、同じ茶色いクラスト(二次鞣しを終えた最終仕上げ工程直前の革)を使用しているためです。これは異なる色の革に同じ色のクラストを使用することで、生産効率を高め、在庫リスクを抑えるためのものでした。この芯茶色い革は、表面の黒い塗膜剥れると茶色い下地現れ、ブーツを長年履き込むと黒かったブーツ徐々に茶色みを帯びてくる、味わい深い経年変化を楽しむ事出来ました。
 1980年代になると、環境保護への関心高まり、有機溶剤型塗料による環境への影響懸念されるようになり、レッドウィングでも、徐々に有機溶剤型塗料から水性塗料へと移行していくことになりました。しかし、オイルをふんだんに含ませた革は、水性塗料との相性良くありません。塗膜銀面にしっかりと食いつきにくく、茶色いクラストを完全に黒く塗りつぶすこと難しくなりました。また、この茶色い革の需要も減少してきていたため、黒い革には、黒い色のクラストを使用するようになり始めました。そして、90年代初頭、ブラック「クローム」にも、黒色のクラストと水性塗料使用されるようになりました。現在では、更に品質の改善加えられ、芯通しの革となっています。この革は、表面の塗膜剥れたり、深い傷ついたりしても、黒色の下地しか出てこないため長年履き込んでも購入当初の真っ黒の状態を保つのに最適な革となります。
 
 RED WING(レッドウィング)の 110th Anniversary Boot 「HUNTSMAN」 / 110周年記念限定モデル 「ハンツマン」 ブラック「クロンダイク」のご紹介です。レッド・ウィング社110周年記念モデルとして、#877の前身となった1930年代のハンティングブーツ(特に、レッド・ウィング社で初めてハンティングに特化して開発されたモデル#668-1939年発売)にインスピレーションを受けて開発されたモデル#2015を限定生産しました。
 1905年創業のレッド・ウィング社は、この110年の間、ワークおよびアウトドアの分野で、用途にあわせた様々な特徴を持たせたブーツを開発し、世に送り出してきました。本年、2015年に、創業110周年を迎える記念として、その長い歴史の中から、ユニークな商品をひとつ選び、現在のレッドウィングファンに向けて製造・販売することになりました。
 レッド・ウィングの最も良く代表するブランドの代名詞とも言えるブーツ、#877のルーツである1930年代のハンティングブーツが、そのベースとして選ばれました。#877は、1952年にハンティングブーツとして世に出され、後に全米を代表するワークブーツとなり、今日まで60年以上、変わらぬ姿でつくられ続けているモデルです。1952年に完成された時には高い完成度に達していたという事になります。しかし、その#877が完成される以前には、いろいろなモデルがあり、それら淘汰されていくなかで完成度の高いデザインのひとつひとつの要素がつくられていきました。
 木型にはスーパーソールのブーツなどに使用されている#326を採用。#8875などのレギュラーラインの#23と比較すると、やや細身のクラシカルシルエットが特徴。Eウィズでありながらスッキリとした綺麗なシルエットが魅力です。

■今回の 110 周年記念ブーツの背景として、#877の前身となった商品と#877の誕生と成功に繋る商品の進化の歴史をご紹介します。

1. 8〜10インチ丈ブーツへの移行
1920年代から30年代にかけて、ワークブーツやハンティングブーツは、16〜18インチ丈の背の高いブーツが主流でした。その後、大恐慌後の難しい時代を経てブーツの丈は次第に低くなり、1940年代に入ると、8〜10インチ丈のものが販売の主流となりました。この変化は機能的な理由というより、価格やスタイルに対する消費者の嗜好を反映したものでした。


2. 柔らかなゴム製ソールによるクッション性と静音性
過去の歴史の多くの時期に、レッド・ウィングはワークブーツと共にハンティングブーツを製造していましたが、その中に、1930年代初頭まで製造されていた#668があります。このブーツは、ブラッククロームレザー(注:当時のブラッククロームレザーは今日のものとは異なり、オイルを豊富に含んだ、プルアップするフルグレインレザーでした)とコードソールを使った、モカシントゥの10インチ丈のブーツでした。甲のモカシン縫い部分は、ウエルトをソールに縫い付けるミシンを使用して縫いあわされており、通常のモカシンよりも強靭な構造となっていました。
1939年には、#668のコードソールを生ゴム素材のクレープソールに変更した#686が開発されました。この#686はそのソールが持つクッション性と静音性から、「インディアンモカシンと同じように、静かに歩け、そして快適な履き心地」とカタログで紹介されました。音を立ずに歩ける、というのは、鹿や鳥など人間の気配に敏感な獲物を追うハンター達には大きなアピールとなりました。ここに、後のトラクショントレッドソールの開発へのヒントが生まれました。


3. ラップ・アラウンド・ヴァンプ
1941年、レッド・ウィングはこのハンティングブーツのアッパーパターン(紙型)に革新的とも言える、大きな変更を行いました。新たに開発した4つのモデル、#950、#951、#952、そして#252に『ラップ・アラウンド・ヴァンプ』という、独特なデザインを採用したのです。ヴァンプとクォーターを縫い付けるステッチが、甲から下方向に曲がって縫われるのではなく、甲の高さのまま後方の市革に向けて走っている仕様です。
足の側面に縫い目がないこのデザインは、浸水を防ぐだけではなく、足当たりが良く快適な履き心地となります。これらの新商品では、丈も少し低くされ、9インチとなりました。広告では「インディアンモカシンのように軽く、足を保護するのに十分な、それでいて快適な、ベストな丈の高さがある。」と紹介されています。このアッパーデザインは後の#877へと踏襲されることになります。
このデザインを採用した4つのモデルが同時に発売されましたが、ソールはそれぞれ異なっており、革底、白色のグリスル、クレープラバー、そしてコード・オン・エンド・ラバーとなっていました。
第二次世界大戦により国内の民需産業は切り詰められ、そのため1943年から1947年の間はカタログがつくられず、この頃の記録は残っていません。戦後最初につくられた1948年のカタログでは、ヒールの前面に傾斜が付けられた白いグリスルソールを使用した#954が、9インチ丈ハンティングブーツの後継モデルとして掲載されています。この#952商品はカタログ内で大きく取り上げられ、「今日のハンターに人気の、静音性があり、滑りにくく、そして撥水性のあるソールを使用したショート丈のブーツ。」と紹介されています。


4. オロラセット・レザー
#877の発売へ向かう次の段階は、新たなレザーの採用です。1940年代終盤に、長い間、レッド・ウィング社と密接な関係を続けてきたカリフォルニアのタンナー、レオ・メテン社によって新しい革が開発されました。この新しい革は、セコイア杉の樹皮から生み出されるオレンジがかったブラウンのしなやかで弾力性を持ったものでした。レッド・ウィング社はこの革を独占的に使用する権利を得て、「オロラセット」と名付けました。そして1950年、#954の革をオロラセットに変更し、ソールをグロコードKING-Bソールに変更したハンティングブーツ、#854を猟犬の名前をつけて発売したのです。「アイリッシュセッター」の誕生です。この#854は、大きな反響を呼び、発売翌年には社内の商品別売上げ2位なりました。
新たな革、オロラセットの色が、猟犬アイリッシュセッターの毛並みを思わせたことで付けられた「アイリッシュセッター」の名称と、その革の色合い、品質が、まずはハンター達の心を捉え、さらにその高い性能が、ワーカー達からも支持され、ワークブーツとしても履かれたことで大きな売り上げに繋がったのです。


5. トラクショントレッドソールと#877
そして1952年、「アイリッシュセッター」#854を更に進化させたモデルとして「アイリッシュセッター」#877が発売されました。進化したのはソールであり、ここに、現在のレッド・ウィングを代表するソールであるトラクショントレッドソールが初めて世に出されました。(注:当時はトラクショントレッドソールという名称はまだなく、底のトレッドバターンも現在とは違った、クッションクレープソールであった)
厚くクッション性に富み、底の平らな白いソールを男性用の靴に使用するのはこの#877が初めてであり、レッド・ウィング社としてもこれはちょっとした冒険でした。しかし、#877はその発売後、大ヒットとなり、社内の売り上げ順で、初年度にはそのベースとなった#854に次ぐ2番目、その翌年には#854を抜き社内のベストセラーとなりました。その後も売上げは伸び続け、1954年には#854の約3倍に到達し、それ以来今日に至る60余年、社を代表する商品であり続けています。
これまでの歴史の中で進化し、完成度を高めたアッバーデザイン、オロラセット・レザー、「アイリッシュセッター」の名称に加え、クッション性、静音性、アーチサポートにすぐれた新たなソールが、その原動力となったのは創造に難くありません。
このソールの高い機能性はハンター達のみならず、ワーカーからも大きな支持を得ました。特に建設作業員、大工といった人たちは、高所で足場の梁にカカトをひっかける不安のない、底の平らなソールを歓迎し、#877を愛用するようになりました。


6. 「アイリッシュセッター」の確立とバリエーションの展開
この1954年より、他社からも似たようなモデルが販売されるようになってきた事から、#877に「アイリッシュセッター」のロゴを付し、オリジナルのモデルであることが明確に解るようにました。また、同じオロラセット・レザー、トラクショントレッドソールを持つ、ハンティングブーツ(兼ワークブーツ)として、今日に続く#875、#866など数多くのバリエーションの開発・発売が始まり、「アイリッシュセッター」のファミリーがつくられました。


その後、#877 は1978年にそのピークを迎え、1年間で64,500足という販売記録を達成するほどに成長しました。#877の成功は、単純にその売上げがもたらした利益だけでなく、社のイメージを高め、レッド・ウィング社で働く人々の誇りとなり、会社のシンポルともなりました。さらに、それを愛用する消費者の満足と、レッド・ウィング社への信頼の基盤を築き、今日に至るレッド・ウィング社の歴史をつくったのです。
 ブランド/商品名 RED WING(レッドウィング) / 110th Anniversary Boot 「HUNTSMAN」 / 110周年記念限定モデル 「ハンツマン」
 商品番号 2015
 カラー ブラック
 サイズ 7E(25cm)、7.5E(25.5cm)、8E(26cm)、8.5E(26.5cm)、9E(27cm)、9.5E(27.5cm)、10E(28cm)、11E(29cm)
 素材 ブラック「クロンダイク」(牛革)
 生産国 アメリカ
 洗濯 -
 備考 お手入れ方法
■サイズ表 7E 7.5E 8E 8.5E 9E 9.5E 10E 11E
cm 25cm 25.5cm 26cm 26.5cm 27cm 27.5cm 28cm 29cm
110th Anniversary Boot 「HUNTSMAN」 / 110周年記念限定モデル 「ハンツマン」
■ブランド:RED WING(レッドウィング)
■商品番号:2015
■カラー:ブラック
■サイズ:7E、7.5E、8E、8.5E、9E、9.5E、10E、11E
■価格:55,000円 税抜き(外税) ☆2%ポイントGET!

■在庫表 7E 7.5E 8E 8.5E 9E 9.5E 10E 11E
ブラック × × × × × × ×
×・・・完売しました

ラッピング-


お問い合わせ・・・

■返品についての詳細はこちら

◆本サイト上の商品写真については、商品の色・素材感をできるだけ忠実に再現するように努力しています、電子媒体の性質上及びお使いのモニタの調整等により実物とは若干の違い生じる場合あります。予めご了承ください。

  営業時間のご案内
【営業時間】AM11:00〜PM8:00
定休日:祝日を除く水曜日です。ご注文、お問合わせは通常通りご利用頂けますが、ご注文・ご入金確認、及び返信・配送業務等は翌日とさせて頂きます。
  配送について
当店の在庫は実店舗と併用しているため、ご注文頂いた商品が欠品している場合がございます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

配送業者:ヤマト運輸、佐川急便 【送料は全国一律550円】
税込7,000円以上お買い上げの方は送料無料となります。


配達日時の指定について
午前(8〜12時)、12時〜14時、14時〜16時、16時〜18時、18時〜20時、20時〜21時よりご指定いただけます。
⇒詳しくはこちら
  個人情報の取り扱い・セキュリティ(SSL)について
当サイトでは、お買い物やプレゼント応募・メールマガジン購読等のサービスをご利用頂いたお客様の個人情報(住所、氏名、メールアドレスなど)の保護について最大限の注意を払っております。

当サイトはSSL暗号化通信に対応しております。ご注文内容やクレジットカード番号など、お客様の大切な情報は暗号化して送信されます。第三者から解読できないようになっておりますので、安心してお買い物をお楽しみください。
⇒詳しくはこちら
 
  お支払いについて
クレジットカード

銀行振込
【振込先1】
ジャパンネット銀行 本店営業部 普通:6331072
名義:株式会社CLEVER / フリガナ:カ)クレバー
【振込先2】
七十七銀行(シチジュウシチ)
榴岡支店(ツツジガオカ) 普通:5226368
名義:株式会社CLEVER / フリガナ:カ)クレバー
 ご注文後、4営業日以内の振込手続きをお願いします。
振込・送金手数料は、お客様ご負担でお願いします。
代金引換(代引手数料は無料です)
⇒詳しくはこちら
  返品・交換について
お客様のご都合による返品・交換については、未使用の商品(タグ、提げ札等が付いている状態)に限らせて頂きます。
商品到着後7日以内に、メール・電話にてご連絡下さい。
⇒詳しくはこちら
  お問い合わせ先
株式会社CLEVER / CLEVER WEB SHOP
〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺4-9-2 サンコーポ新寺1F
TEL&FAX:022-299-0910
E-mail:info@clever-id.com
Copyright(C) CLEVER. All rights reserved. TEL&FAX 022-299-0910 http://www.clever-id.com info@clever-id.com