カゴの中身をみる
CLEVER最新情報
CLEVER所在地
ご意見・商品に関するご質問
特定通信販売法に基づく法規
ジーンズ/パンツ Tシャツ・ロングスリーブTシャツ スエット(トレーナー) シャツ アロハシャツ・ハワイアンシャツ ジャケット・ブルゾン・アウター スニーカー・ブーツ 財布・バック・ベルト・雑貨等
シュガー・ケーン バズリクソンズ サンサーフ インディアン・モーターサイクル テーラー東洋 チェスウィック ダルチザン バーンズ
ウエアハウス ダブルワークス フェローズ トパーズ クッシュマン デラックスウエア エフオービーファクトリー JohnBulll/ジョンブル
ファニー ドルチェ・ビータ レッドウィング Sweep!!LosAngeles,CA/スウィープ RIDING HIGH/ライディングハイ フルカウント/FULLCOUNT その他ブランド・Wyatt&Billy・TOPAZ・IRONHEART・RUSSELL レディースページへ
 
 
■RedWing/レッドウィング
 レッドウィング社はその名もレッドウィングというミネソタ州の街にある。 当時、この豊かな土地にはいろいろなインディアンの種族が住んでいた。レッドウィングという名は、その土地を治めていたスー族の大曾長ワクタ・レッドウィングから付けられたものだ。レッドウィングシティーは現在でも古き良きアメリカのノスタルジーに溢れた美しい街である。 1905年、チャールズ・ベックマンと14人のメンバーは一軒の靴工場を建てた。これがレッドウィングシューズの誕生である。創業当時は日産わずか150足という規模の古典的な工場だった。 1950年に誕生したアイリッシュセッターは現在までその基本的デザインはもちろんのこと、素材、製法に至るまで手の掛かる当時そのままの方法でつくり続けられている。完成度の高いクオリティとスタイルは誕生から40数年を経た現在もかたくなに守られている。このブーツはアメリカのワークブーツの歴史に大きく刻まれた傑作で、アメリカ国内はもちろん、世界中で愛される永遠のワークブーツのシンボルとなり多くの人々の心を掴んで離さない。

■Irish Setter/アイリッシュセッター
 「アイリッシュセッター」は1950年、レッド・ウィング社の新たなハンティング・ブーツのシリーズとして生まれました。かつてはセコイアの樹皮を使って鞣した、オレンジのトーンを帯びた革、オロラセットレザーが猟犬アイリッシュ・セッターの毛色に似ていた事がその由来です。
 2年後、底の平らな白いクッション性の高いソールが、このシリーズの8インチ丈モックトゥ・ブーツに使われました。これが「アイリッシュセッター」のその後の発展の始まりです。
 本来アウトドアスポーツ(ハンティング)用に開発された「アイリッシュセッター」でしたが、その機能性と品質でワークブーツとしても高い評価を得ました。ワーカー達に作業現場で履かれ、それが次第に広がりアメリカを代表するワークブーツにもなっていきました。
 シリーズとしての「アイリッシュセッター」は、こうして少しずつ進化を続けましたが、そのアイデンティティは一貫していました。まず、オレンジのトーンを帯びた革、オロラセットレザー。次に、たとえワークブーツとしての市場の方が大きくても、アウトドア用に生まれたというルーツを、そのたたずまいに常に残していた点です。
 その「アイリッシュセッター」が、本来のアイデンティティを超えての展開を見せ始めたのは1980年代、日本での事です。オロラセットレザーが特徴的な6インチ丈モックトゥブーツ(#875)が評価を高めた日本で、そのカラーバリエーションを求める声が高まり、これに応える形で様々なレザーバリエーションがつくられました。ブラックのコレクテッドグレインレザー、ライトベージュのラフアウトレザーなどは、そうした中で生まれ日本の市場を中心に大きな支持を得て、レッド・ウィングの名を高めました。1990年代に入ると、日本での「アイリッシュセッター」の活躍とは対照的に、本国アメリカでは販売が鈍化してきました。ワークブーツ市場が変容し、手間をかけて昔ながらのグッドイヤー・ウエルト製法で作られた、そして、そのぶん高価な「アイリッシュセッター」の様なブーツが以前ほど求められなくなったのです。
 1997年、「アイリッシュセッター」に大きな転機が訪れます。米国、ミネソタ州のレッド・ウィング本社で、「アイリッシュセッター」を全く新たなハンティング、フィッシング用ブーツのブランドにする事が決定されたのです。その決定を受け、「アイリッシュセッター」の名を「レッド・ウィング」ブランドのワークブーツに取りやめる事になりました。こうして、日本で「アイリッシュセッター」として親しまれてきた一連のブーツからは「アイリッシュセッター」のタグが外され、その代わりに「レッド・ウィング」のタグが縫い付けられることになりました。そして、2011年強い要望を受け「アイリッシュセッター」が誕生して間もない1950年代のたたずまいを色濃く残した「アイリッシュセッター」が蘇りました。
拡大します全体-ブラック ↓ ■左:94年製造のブラック「クローム」、右:現行モデルのブラック「クローム」 ↓
■1950年代の登場当初のデザインを採用した織タグ。猟犬「アイリッシュセッター」をデザインしたタグの登場時は、織タグでした。その後、ほぼ同じデザインのままプリントタグとなり、原産国表示が「Made in America」から「Made in USA」となり、大掛かりなデザインの変更で半円形となるなど、時代と共に変化を続けています。 ↓ ■1980年代まで、腰革のカン止め補強として縫われていた長方形(レクタングル)のカン止め(バータック)ステッチを再現。このカン止め補強は、モカのステッチのほつれを防ぐ為に付けられていましたが、型紙の改良、ステッチの取り回しの変更などにより、モカのステッチの強度が増し、この補強が不要となり廃止されました。この「レクタングル・バータッグ・ステッチ」を再現する為には、引退した技術者を工場に呼び、専用の機械のメンテナンスを行わなければ実現することの出来ないディテールでした。 ↓
■右足の内側に刻印された「RED WING」文字は、1990年代中頃まで見られたディテールです。また、「アイリッシュセッター」発売当初採用されていたレザーシューレースのも再現しました。
現在は簡素化され1箇所のみとされている、履き口を補強する為に付けられているトップバンドを縫い付けるステッチは、かつて「履き口のふち」と「補強革のふち」と2回縫っていました。非常に手間のかかる使用を再現しています。  ↓
■1950年代の「アイリッシュセッター」には、現在のブラック&ホワイトの縫い糸(スレッド)だけでなく、マホガニーと呼ばれる茶色やセージと呼ばれるグリーンがかった色の糸を使用していた時期がありました。この独特の色味を持った縫い糸を使用しました。 ↓
■アイリッシュセッターの市革は、かつては「ピューリタンミシン」によりチェーンステッチで縫い付けられていましたが、後継品である現在のクラシック・ワーク6インチモック・トゥーブーツは、別のミシンを用いてロックステッチで縫われています。今回は、オリジナル同様の古いピューリタンミシンを用いてチェーンステッチで仕上げています。 ↓ ■靴箱にもかつての「アイリッシュセッター」に使用されていた「サイドシール」を再現しました。 ↓
  RED WING(レッドウィング)の Irish Seter ClassicWork 6''MocToe(アイリッシュセッター クラシックワーク 6''モックトゥー) のご紹介です。
 2011年、試行錯誤の末、蘇った「アイリッシュセッター」シリーズに新たに加わるモデルは、革の芯まで黒色に染まった芯通しの革ではなく、一部のユーザーの中では「茶芯」などとも呼ばれている、下地が茶色で表面は黒色となるレザーを新たに製作した、ブラック「クロンダイク」の革を使用した6''クラシックワークシリーズです。
 1990年代初期までの、ブラック「クローム」 は革の芯まで黒色に染まった芯通しの革ではなく、芯の色が茶色いものが使用されていました。これは、茶色い革と黒い革をつくる際に、同じ茶色いクラスト(二次鞣しを終えた最終仕上げ工程直前の革)を使用しているためです。これは異なる色の革に同じ色のクラストを使用することで、生産効率を高め、在庫リスクを抑えるためのものでした。この芯が茶色い革は、表面の黒い塗膜が剥がれると茶色い下地が現れ、ブーツを長年履き込むと黒かったブーツが徐々に茶色みを帯びてくる、味わい深い経年変化を楽しむ事が出来ました。
 1980年代になると、環境保護への関心が高まり、有機溶剤型塗料による環境への影響が懸念されるようになり、レッドウィングでも、徐々に有機溶剤型塗料から水性塗料へと移行していくことになりました。しかし、オイルをふんだんに含ませた革は、水性塗料との相性が良くありません。塗膜が銀面にしっかりと食いつきにくく、茶色いクラストを完全に黒く塗りつぶすことが難しくなりました。また、この茶色い革の需要も減少してきていたため、黒い革には、黒い色のクラストを使用するようになり始めました。そして、90年代初頭、ブラック「クローム」にも、黒色のクラストと水性塗料が使用されるようになりました。現在では、更に品質の改善が加えられ、芯通しの革となっています。この革は、表面の塗膜が剥がれたり、深い傷がついたりしても、黒色の下地しか出てこないため長年履き込んでも購入当初の真っ黒の状態を保つのに最適な革となります。
 今回、新たに開発されたブラック「クロンダイク」は、この茶色いクラストを使用していた頃の革を再現しています。しかし、当時使用されていた有機溶剤型塗料は環境保護基準の改訂により使用することが出来ません。そのため、当時の革をそのまま再現することは非常に困難なものでした。度重なるサンプルを経て、水性塗料でも強力な塗膜をつくれるよう、オイルの含有量を極力減らすことにより、ようやく当時の雰囲気を再現することに成功しました。オイルの含有量が少ないため、履き始めの頃は硬く感じますが、履き込んでいくことで徐々に柔らかく馴染んでいきます。そして革の表面が擦れたりして色落ちし、茶色い下地がうっすらと現れ、表情豊かな経年変化が更にブーツを魅力的なものにしていきます。
  もちろん、他のアイリッシュセッターシリーズと同様に、誕生当時である1950年代当時のディテールを出来る限り再現する為に、現在では使われなくなった当時の機械をメンテナンスする為、すでに退職した職人を呼び寄せ進めました。こうして1950年代の当時のたたずまいを色濃く残して、当時と同じアメリカの工場で、当時と変わらぬ製法で製作しています。
 ブランド/商品名 RED WING(レッドウィング) / Irish Seter ClassicWork 6''MocToe(アイリッシュセッター クラシックワーク 6''モックトゥー)
 商品番号 9874
 カラー ブラック
 サイズ 6.5E(24.5cm)、7E(25cm)、7.5E(25.5cm)、8E(26cm)、8.5E(26.5cm)、9E(27cm)、9.5E(27.5cm)、10E(28cm)、11E(29cm)
 素材 ブラック クロンダイク(牛革)
 生産国 アメリカ
 洗濯 -
 備考 レザーシューレースとナイロンシューレースが付属します。
お手入れ方法
■サイズ表 6.5E 7E 7.5E 8E 8.5E 9E 9.5E 10E 11E
cm 24.5cm 25cm 25.5cm 26cm 26.5cm 27cm 27.5cm 28cm 29cm
Irish Seter ClassicWork 6''MocToe(アイリッシュセッター クラシックワーク 6''モックトゥー)
■ブランド:RED WING(レッドウィング)
■商品番号:9874
■カラー:ブラック
■サイズ:6.5E、7E、7.5E、8E、8.5E、9E、9.5E、10E、11E
■価格:41,500円 税抜き(外税) ☆2%ポイントGET!

■在庫表 6.5E 7E 7.5E 8E 8.5E 9E 9.5E 10E 11E
9874 × × × × × × × × ×
×・・・完売しました

ラッピング-


  お問い合わせ・・・

■返品についての詳細はこちら

◆本サイト上の商品写真については、商品の色・素材感をできるだけ忠実に再現するように努力していますが、電子媒体の性質上及びお使いのモニタの調整等により実物とは若干の違いが生じる場合があります。予めご了承ください。

 
  営業時間のご案内
【営業時間】AM11:00〜PM8:00
定休日:祝日を除く水曜日です。ご注文、お問合わせは通常通りご利用頂けますが、ご注文・ご入金確認、及び返信・配送業務等は翌日とさせて頂きます。
  配送について
当店の在庫は実店舗と併用しているため、ご注文頂いた商品が欠品している場合がございます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

配送業者:ヤマト運輸、佐川急便 【送料は全国一律550円】
税込7,000円以上お買い上げの方は送料無料となります。


配達日時の指定について
午前(8〜12時)、12時〜14時、14時〜16時、16時〜18時、18時〜20時、20時〜21時よりご指定いただけます。
⇒詳しくはこちら
  個人情報の取り扱い・セキュリティ(SSL)について
当サイトでは、お買い物やプレゼント応募・メールマガジン購読等のサービスをご利用頂いたお客様の個人情報(住所、氏名、メールアドレスなど)の保護について最大限の注意を払っております。

当サイトはSSL暗号化通信に対応しております。ご注文内容やクレジットカード番号など、お客様の大切な情報は暗号化して送信されます。第三者から解読できないようになっておりますので、安心してお買い物をお楽しみください。
⇒詳しくはこちら
 
  お支払いについて
クレジットカード

銀行振込
【振込先1】
ジャパンネット銀行 本店営業部 普通:6331072
名義:株式会社CLEVER / フリガナ:カ)クレバー
【振込先2】
七十七銀行(シチジュウシチ)
榴岡支店(ツツジガオカ) 普通:5226368
名義:株式会社CLEVER / フリガナ:カ)クレバー
  ご注文後、4営業日以内の振込手続きをお願いします。
  振込・送金手数料は、お客様ご負担でお願いします。
代金引換(代引手数料は無料です)
⇒詳しくはこちら
  返品・交換について
お客様のご都合による返品・交換については、未使用の商品(タグ、提げ札等が付いている状態)に限らせて頂きます。
商品到着後7日以内に、メール・電話にてご連絡下さい。
⇒詳しくはこちら
  お問い合わせ先
株式会社CLEVER / CLEVER WEB SHOP
〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺4-9-2 サンコーポ新寺1F
TEL&FAX:022-299-0910
E-mail:info@clever-id.com
Copyright(C) CLEVER. All rights reserved. TEL&FAX 022-299-0910 http://www.clever-id.com info@clever-id.com