ウエアハウス WAREHOUSE Dead Stock Blue Lot.1001XX(1000XX) デットストックブルー デニム Copper-Colored Steel Buttons 日本製

warehouse-dsb10011000

31,900円(税込)

 インディゴ(ノンウォッシュ)
3031,900円(税込)
×SOLD OUT
31
32
33
3431,900円(税込)
×SOLD OUT
36
カラー
サイズ
購入数

WAREHOUSE

■WAREHOUSE / ウエアハウス
 1995年の創立以来、ファッションという流行に左右される業界に在りながら、決してそれに流されない「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けているブランド。縁あって出遭った一着のヴィンテージを、それが生産された時代の背景を考察し糸の一本から生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで、徹底的に研究しています。さらに、ただ復刻するだけではなく、生産された当時の無骨さや、仕事に従事するためのユニフォームであった匂いなどヴィンテージ古着の風合いを消さないようにサイズアレンジにも取り組んでいます。

■Dead Stock Blue / デットストックブルー
 「時間」が生み出す「BLUE」、アメリカの風土が生んだ「DEAD STOCK BLUE」。ゴーストタウンに佇む、時が止まったままのジェネラルストアの店内。人が入るのを拒むかのような淀んだ空気のなかで、堆積した時間。長い間、主人を待ち続けたオールドストックのデニム衣料。ベールに包まれるようにスタッキングされたそれらは一見、新品にみえる。 そんなデニムたちは、時間とともに人知れず「熟成」している。インディゴは、遠い昔に染められ、織り上がったその時のブルーから、「デットストックブルー」に酸化しているのだ。
 「時間」の経過に裏打ちされた、デニム生地に宿る独特の佇まいを25年積み上げてきた全ての技術を駆使して再現しました。革ラベル、ボタン、リベットから縫い糸、そして縫製に必要なミシンのセットアップまでも、「これ以上はない」と言い切ることができるまでに、心血を注いで゙作り上げた、積み上げた技術が土台となる最高峰のレーベルです。
 「お前たちの探しているものはWAREHOUSEにある」。創業者の塩谷兄弟がウエアハウスを立ち上げる前、渡米したアメリカでヴィンテージディーラーから言われた言葉です。まさにその言葉にふさわしい「DEAD STOCK BLUE」あのときWAREHOUSEで見た、魂を鷲掴みされるかのような衝撃を・・・ WAREHOUSEが25年をかけて到達した最高峰の頂です。

WAREHOUSE


ウエアハウスのDEAD STOCK BLUEレーベルから、ジッパーフライモデルが登場
1950年代における極めて旧い年代に製造されたものと考えられ、レザーパッチのセンターループ、片面ピスネームが付くという極めて初期のモデルです。未防縮の生機デニムを使って制作されており、1947モデルの武骨なディテールが色濃く残しており、1950年代初頭のモデルを完全再現しています。まさに“デッドストック”のような佇まいを醸し出しています。ジッパーモデルのプロトタイプ的存在で、クラシカルなシルエットも特徴的です。

WAREHOUSE


戦後間もない’47〜’50年代頃にも関わらず“鉄製銅メッキボタン”を使用した非常に珍しいモデル
小ボタンのみ鉄製銅メッキを使いトップボタンは鉄製。雰囲気たっぷりの鉄製トップボタンは経年変化でヴィンテージと同じくサビが生じます。ヴィンテージの個体の仕様を忠実に踏襲しています。

洗いを繰り返すことで縮みが入る、渋なめしのディアスキンラベル
「ベジタブルタンド」とは 渋なめしを意味します。時間を要する素朴な鞣し方で当時の主流の鞣し方です。洗濯を繰り返すことで縮みが入ります。未洗いの状態で過剰な仕上げ加工がされていない革ラベルです。オフセットしていない太いベルトループは、47モデルより続く旧きよきディテールです。1950年代中頃まで続き、後にオフセットとなる。

WAREHOUSE


WAREHOUSE

WAREHOUSE

ヴィンテージの個体を忠実に再現した、「デットストックブルーレーベル」ならではの仕上がり
ポケットの飾りステッチはオレンジの綿糸で施されています。やや歪な縫製も当時のモデルを意識し再現しています。

WAREHOUSE


WAREHOUSE

ピスネームは上下に白いラインが入る。限られた時代にのみ使用された希少なパーツです。

WAREHOUSE

第二次世界大戦の規制が解かれた作りが繊細で秀逸な1946後期型のサンプルを再現したピンクセルビッチデニム
経糸7.5、縦糸7.5の、フェードしたピンクセルビッチデニムを使用しています。赤からフェードした時間の経過を再現したディテールです。

WAREHOUSE

WAREHOUSE

 WARE HOUSE(ウエアハウス)のDead Stock Blue Lot.1001XX(1000XX) Copper-Colored Steel Buttons デットストックブルーのご紹介です。ウエアハウス最高峰レーベル「DEAD STOCK BLUE」に新たなレアモデルが登場しました。1947〜1950年に作られたヴィンテージを再現しています。フロントフライに鉄製銅メッキのボタンを採用している非常に珍しいモデルです。シルエットは最も完成度が高いといわれる1947モデルを踏襲した時代のモデルのためオーセンティックなストレートです。生地は、経糸7.5、縦糸7.5の、フェードしたピンクセルビッチデニムを使用しています。赤からフェードした時間の経過を再現したディテールです。

 第二次世界大戦後に製造されたモデルのなかには、その「規制」がとれたゆえに、自由度の高いアレンジメントが加わった個体が存在します。このモデルもそのひとつで、大戦時には使用が禁止された「銅」を含んだボタンやリベットなどの衣料品の金属部材は、代わりに使用する鉄製部材では、どうしても錆が生じるため、表面にメッキ処理をすることで錆を防ごうとしています。リベットでは「鉄製銅メッキ」が当時使用されました。タックボタンにおいては、デザインが月桂樹の柄のドーナツボタンでも、ロゴ入りのボタンでも、素材は以前から使用されていた鉄製を使用しています。しかし戦後、支柱部分に銅素材が使用されることからも、ボタンの錆について、それを防ぐ研究を重ねていたと考えられます。戦時の規制が完全に解かれた1947年から50年代までのモデルには、このタックボタンに特殊な加工を施したとみられるモデルが存在します。それがこのCopper-colored steel buttons「鉄製銅メッキボタン」です。戦時中には存在していない支柱の銅や、カバー部分の銅メッキ処理を、規制がとれた戦後にこそ、 あえて試みていたと考えられるのではないでしょうか。デッドストックブルーのレーベルでは、奇跡的に見つかったセットアップの同時代モデルの個体に付くこの銅色ボタンをオリジナルで作成しました。
「サードのボタンを使用したファーストモデル」といった、奇を衒うようなアイテムではありません。時間の経過に裏打ちされた、実在のモデルであるからこそ、DSBシリーズとして再現しています。

ブランド WAREHOUSE(ウエアハウス)
商品名 Dead Stock Blue Lot.1001XX(1000XX) Copper-Colored Steel Buttons デットストックブルー
商品番号 DSB1001XX(1000XX)
カラー インディゴ(ノンウォッシュ)
サイズ 30、31、32、33、34、36
素材 コットン100%
生産国 日本製
洗濯表記
洗濯表示について詳しくはこちら⇒
備考 未洗の製品です。洗濯によりサイズ表より次の縮が生じます。ウエスト-約6cm、ワタリ-約2cm、前股上-約2cm、後股上-約4cm、レングス-約6〜7cm、裾幅-約1〜2cm

当店よりパンツをご注文のお客様は無料で裾上げ致します。(ユニオンスペシャルによるチェーンステッチもしくはシングルステッチ仕上げ)ご注文時に備考欄に「裾上げ希望・股下○○センチ」とご希望の股下の長さをご記入ください。
ユニオンスペシャルミシンによるチェーンステッチ裾上げサービス
※裾上げをした場合、返品、交換はお断りさせていただくことをご了承ください。

 

サイズ表/cm ウエスト(W) 前股上(FR) 後股上(BR) レングス(L) ワタリ(T) 裾幅(O)
30 82 31.5 41 88 30.5 21
31 84 32 42 88 31.5 21.5
32 87 33 43 89 32.5 22.5
33 90 34 44 89 33.5 22.5
34 92 34 45 89 34 23.5
36 96 35 45.5 89 35.5 24
* (W) Waist , (FR) Front Rise , (BR) Back Rise , (L) Length , (T) Mid tight ,(O) Leg Opening
サイズについて詳しくはこちら⇒
カラー
サイズ
 インディゴ(ノンウォッシュ)
3031,900円(税込)
×SOLD OUT
31
32
33
3431,900円(税込)
×SOLD OUT
36