ウエアハウス WAREHOUSE [2001xx1936] Lot.2001XX(2000XX) Dead Stock Blue Denim Jacket 1936 Model デットストックブルー

warehouse-2001xx1936

39,600円(税込)

 36(S)38(M)40(L)42(XL)
インディゴ(ノンウォッシュ)39,600円(税込)
×SOLD OUT
39,600円(税込)
×SOLD OUT
39,600円(税込)
×SOLD OUT
39,600円(税込)
×SOLD OUT
サイズ
カラー

WAREHOUSE

■WAREHOUSE/ウエアハウス
 1995年の創立以来、ファッションという流行に左右される業界に在りながら、決してそれに流されない「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けているブランド。縁あって出遭った一着のヴィンテージを、それが生産された時代の背景を考察し糸の一本から生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで、徹底的に研究しています。さらに、ただ復刻するだけではなく、生産された当時の無骨さや、仕事に従事するためのユニフォームであった匂いなどヴィンテージ古着の風合いを消さないようにサイズアレンジにも取り組んでいます。

■Dead Stock Blue / デットストックブルー
 「時間」が生み出す「BLUE」、アメリカの風土が生んだ「DEAD STOCK BLUE」。ゴーストタウンに佇む、時が止まったままのジェネラルストアの店内。人が入るのを拒むかのような淀んだ空気のなかで、堆積した時間。長い間、主人を待ち続けたオールドストックのデニム衣料。ベールに包まれるようにスタッキングされたそれらは一見、新品にみえる。 そんなデニムたちは、時間とともに人知れず「熟成」している。インディゴは、遠い昔に染められ、織り上がったその時のブルーから、「デットストックブルー」に酸化しているのだ。
 「時間」の経過に裏打ちされた、デニム生地に宿る独特の佇まいを25年積み上げてきた全ての技術を駆使して再現しました。革ラベル、ボタン、リベットから縫い糸、そして縫製に必要なミシンのセットアップまでも、「これ以上はない」と言い切ることができるまでに、心血を注いで゙作り上げた、積み上げた技術が土台となる最高峰のレーベルです。
 「お前たちの探しているものはWAREHOUSEにある」。創業者の塩谷兄弟がウエアハウスを立ち上げる前、渡米したアメリカでヴィンテージディーラーから言われた言葉です。まさにその言葉にふさわしい「DEAD STOCK BLUE」あのときWAREHOUSEで見た、魂を鷲掴みされるかのような衝撃を・・・ WAREHOUSEが25年をかけて到達した最高峰の頂です。


インディゴ(ノンウォッシュ)

WAREHOUSE

WAREHOUSE

ジーンズに隠しリベットという象徴的なディテールが生まれた1936年モデルのデニムジャケットをDSBにて復刻
開いた襟はヨークのステッチと水平気味になるのが特徴です。後年になると襟が尖り角度が変わります。

WAREHOUSE

WAREHOUSE

洗いを繰り返すことで縮みが入る、渋なめしのディアスキンラベル
鹿革ラベルには2つの品番がスタンプされるデッドストックブルー仕様。「ベジタブルタンド」とは 渋なめしを意味します。時間を要する素朴な鞣し方で当時の主流の鞣し方です。洗濯を繰り返すことで縮みが入ります。未洗いの状態で過剰な仕上げ加工がされていない革ラベルです。1937年以降になると革ラベルはジーンズと同じものを使用されますが、ジャケット用のサイズ表記となる革ラベルは新鮮に見えます。

WAREHOUSE

本縫で取り付けられたポケットフラップ、細かい部分ですが、とても珍しいディテール
いわゆるファーストのポケットフラップはポケット枠の縫製と同時に縫われるが、同モデルではそれぞれ別に縫われた当時の縫製仕様も再現しています。また、前身頃のプリーツを抑えるボックスステッチは細番手の糸で縫いつけられ、さらにボタンの位置からもズレています。ポケットに赤タブが縫いこまれない点も特徴です。

WAREHOUSE

鉄の重厚感が伝わる独特の燻銀のような風合いはウエアハウスだけの特注仕上げによるもの
デニム生地は新たに開発したデッドストックブルー生地で、経糸7.5、緯糸7.5のレッドセルビッチデニムです。これまでのDSBシリーズのデニムと比較して少しだけ黒みがあるデニムを使用しています。セルヴィッチ部分に入る真紅のラインも当時の仕様を再現するため新たに開発しています。真紅のラインがインディゴ糸に密接しているのもポイントのひとつです。

WAREHOUSE

細かなバックルの針受けの形状までも忠実に再現
背面のバックルバックは縫製仕様やバックル形状ともに1936年のヴィンテテージを忠実に再現。バックルの針受け部分もヴィンテージと同じ三角形の形状になっています。ウエアハウスならではの忠実で精密な再現力。

WAREHOUSE

 WARE HOUSE(ウエアハウス)の Lot.2001XX(2000XX) Dead Stock Blue Denim Jacket 1936 Model デットストックブルー のご紹介です。ウエアハウス最高峰レーベル「DEAD STOCK BLUE」に新たなレアモデルが登場しました。ジーンズに隠しリベットという象徴的なディテールが生まれた1936年モデルのデニムジャケットです。Lot.1004XXのジーンズとセットアップで着用できるアイテムです。
  当時のジーンズはカウボーイのアイコン的存在で、まだサスペンダーを使ってジーンズを穿くスタイルが一般的でした。そんな時代にベルトを使ってジーンズを穿くという、次なる進化の一歩を踏み出した時代、Gジャンは小ボタンが付き、丸いフラップ型であった1920年代モデルから、通常のタックボタンとなり、角ばったフラップへと変更。いわゆるファーストと呼ばれるモデルが初めて生まれたのもこの時代だけに、この年代はジーンズ史においても大きな分岐点といえます。
  胸ポケットに赤いピスネームが挟まれる時代よりも旧く、生産時期もとても短いという超レアモデルのファーストタイプを復刻。いわゆるファーストのポケットフラップはポケット枠の縫製と同時に縫われますが、同モデルではそれぞれ別に縫われた当時の縫製仕様も再現しています。デニム生地は新たに開発したデッドストックブルー生地で、経糸7.5、緯糸7.5のレッドセルビッチデニムです。これまでのDSBシリーズのデニムと比較して少しだけ黒みがあるデニムを使用しています。

ブランド WAREHOUSE(ウエアハウス)
商品名 Lot.2001XX(2000XX) Dead Stock Blue Denim Jacket 1936 Model デットストックブルー
商品番号 DSB2001XX1936
カラー インディゴ(ノンウォッシュ)
サイズ 36(S)、38(M)、40(L)、42(XL)
素材 コットン100%
生産国 日本製
洗濯表記
洗濯表示について詳しくはこちら⇒
備考 未洗いの製品です。洗濯によりサイズ表の数値より次の縮みが入ります。(Shrinkage after the washing) 身幅(C)-約3〜5cm、着丈(L)-約4〜7cm。おおよその目安とお考えください。
素材の特性や仕上げの方法によって、各所の寸法には若干の個体差(約1〜2cm程度)が生じます。また、お使いの端末の設定や環境によって、商品の色が実際の色と多少異なる場合もございます。予めご了承ください。

サイズ/cm 肩幅(SW) 身幅(C)
着丈(L) 袖丈(S)
36(S) 47 52 60 61
38(M) 49 55 62 63
40(L) 51 57 64 65
42(XL) 53 60 66 67
*(SW)Shoulder Width, (C)Chest, (L)Body Length Back, (S)Sleeve Length
サイズについて詳しくはこちら⇒
サイズ
カラー
 36(S)38(M)40(L)42(XL)
インディゴ(ノンウォッシュ)39,600円(税込)
×SOLD OUT
39,600円(税込)
×SOLD OUT
39,600円(税込)
×SOLD OUT
39,600円(税込)
×SOLD OUT