Cushman クッシュマン [29242] WW2 ローカット スエードスニーカー WW2 Low-Cut Suede Sneaker

cushman-29213s

18,700円(税込)

 8(26cm)9(27cm)10(28cm)
ブラック18,700円(税込)
×SOLD OUT
18,700円(税込)
×SOLD OUT
18,700円(税込)
×SOLD OUT
ブラウン18,700円(税込)
×SOLD OUT
グレー
18,700円(税込)
×SOLD OUT
サイズ
カラー
購入数

Cushman

■Cushman/クッシュマン
 1930年代から60年代までの古き良き時代の数々のビンテ−ジウェアの中から、今作りたい物をピックアップし古い年代の長所、短所を十分理解した上で日本人の体型にあったシルエット、サイズ取りをした商品を展開しているブランド。 また パッケージやフラッシャーなどの付属に関しましても当時の技術に近い状態で仕上げています。


ブラック

Cushman

Cushman

ブラウン

Cushman

Cushman

グレー

Cushman

Cushman

第二次世界大戦時に大手シューズメーカーが米陸軍に納入していたトレーニングシューズのモディファイモデル
独特なクラシックなフォルムが魅力です。ジーンズ、トラウザー、ショートパンツなど、色々なボトムとの相性が良いです。内側にはハトメによるベンチレーションが設けられる。

Cushman

印象的なヒールが付くアウトソール
強固なフォウシングテープがアッパーを包むような仕様となり、抜群の防水性を誇っています。いかなる荒地も踏み入れなければならない、陸軍の要求に耐えうる仕様はワークブーツの頑丈さと、スニーカーの軽さを兼ねそろえた名作を生み出しました。

Cushman

Cushman

 Cushman(クッシュマン) の WW2 Low-Cut Suede Sneaker WW2 ローカット スエードスニーカーのご紹介です。第二次世界大戦時に大手シューズメーカーがアメリカ陸軍に納入していたトレーニングシューズを、ローカーットバージョンにアレンジしたスニーカーに、アッパーに牛革スエードを使用したモデルです。独特なクラシックなフォルムが魅力です。ジーンズ、トラウザー、ショートパンツなど、色々なボトムとの相性が良いです。納入当時のモデルは1930年代の低いゴムソールのついたもので、その形はスエードスニーカーと何ら変わりないものでしたが、1940年代の後半にはこのモデルのように、強固なフォウシングテープがアッパーを包むような仕様となり、抜群の防水性を誇るようになりました。元にしたトレーニングシューズと同じように、約10cmのヒールが特徴です。いかなる荒地も踏み入れなければならない、陸軍の要求に耐えうる仕様はワークブーツの頑丈さと、スニーカーの軽さを兼ねそろえた名作を生み出しました。厚めのインソールで抜群に良いクッション性の着心地です。軍モノらしく非常にシンプルでありながら、ヒールパッチにはそのプロダクツを誇るかのようにロゴが付けられています。

ブランド Cushman(クッシュマン)
商品名 WW2 Low-Cut Suede Sneaker WW2 ローカット スエードスニーカー
商品番号 29242
カラー ブラック、ブラウン、グレー
サイズ 8(26cm)、9(27cm)、10(28cm)
素材 牛革
生産国 中国製
洗濯表記 -
洗濯表示について詳しくはこちら⇒
備考 -

サイズ表 8 9 10
cm 26cm 27cm 28cm
サイズについて詳しくはこちら⇒
サイズ
カラー
 8(26cm)9(27cm)10(28cm)
ブラック18,700円(税込)
×SOLD OUT
18,700円(税込)
×SOLD OUT
18,700円(税込)
×SOLD OUT
ブラウン18,700円(税込)
×SOLD OUT
グレー
18,700円(税込)
×SOLD OUT