WAREHOUSE ウエアハウス Dead Stock Blue Lot.S1003XX(1000XX) 1942 Model WW2 大戦モデル デットストックブルー

warehouse-s1003xx1942

31,900円(税込)

 インディゴ(ノンウォッシュ)
2931,900円(税込)
×SOLD OUT
3031,900円(税込)
×SOLD OUT
31
3231,900円(税込)
×SOLD OUT
33
3431,900円(税込)
×SOLD OUT
36
カラー
サイズ
購入数

■Dead Stock Blue / デットストックブルー
 「時間」が生み出す「BLUE」、アメリカの風土が生んだ「DEAD STOCK BLUE」。ゴーストタウンに佇む、時が止まったままのジェネラルストアの店内。人が入るのを拒むかのような淀んだ空気のなかで、堆積した時間。長い間、主人を待ち続けたオールドストックのデニム衣料。ベールに包まれるようにスタッキングされたそれらは一見、新品にみえる。 そんなデニムたちは、時間とともに人知れず「熟成」している。インディゴは、遠い昔に染められ、織り上がったその時のブルーから、「デットストックブルー」に酸化しているのだ。
 「時間」の経過に裏打ちされた、デニム生地に宿る独特の佇まいを25年積み上げてきた全ての技術を駆使して再現しました。革ラベル、ボタン、リベットから縫い糸、そして縫製に必要なミシンのセットアップまでも、「これ以上はない」と言い切ることができるまでに、心血を注いで゙作り上げた、積み上げた技術が土台となる最高峰のレーベルです。
 「お前たちの探しているものはWAREHOUSEにある」。創業者の塩谷兄弟がウエアハウスを立ち上げる前、渡米したアメリカでヴィンテージディーラーから言われた言葉です。まさにその言葉にふさわしい「DEAD STOCK BLUE」あのときWAREHOUSEで見た、魂を鷲掴みされるかのような衝撃を・・・ WAREHOUSEが25年をかけて到達した最高峰の頂です。


非常にレアなディテールを持つ1942大戦モデルがデットストックレーベルより登場
WW2による物資統制は多くの仕様変更を余儀なくされました。バックシンチの省略に始まり、リベット補強の制限、バックポケットの飾りステッチの廃止など、これまでの仕様から大きく姿を変えました。この様々な特異なディテールの組み合わせを持つ大戦モデルは多くのデニムコレクターを魅了してやみません。今回、最初期の大戦モデルと位置付けられる非常に珍しいディテールを備えた1942モデルを、ウエアハウスの最高峰レーベルデットストックレーベルよりリリースされます。


8番×10番ライトオンスインディゴデニム袋ポケット
大戦モデルのディテールの中で、コレクターに珍重されるディテールの一つがフロントポケットのスレーキ生地です。これも資材の制限から残布のコットンフランネルやヘリンボーンツイルなどが見られますが、この1942モデルにはライトオンスデニム生地が使用されています。



洗いを繰り返すことで縮みが入る、渋なめしのディアスキンラベル
「ベジタブルタンド」とは 渋なめしを意味します。時間を要する素朴な鞣し方で当時の主流の鞣し方です。洗濯を繰り返すことで縮みが入ります。未洗いの状態で過剰な仕上げ加工がされていない革ラベルです。


非常に珍しいディテールを備えた1942大戦モデル

デットストックの実物の大戦モデルのジーンズを分析した大戦デニム
デニムは、ウエアハウス社が所有する、デットストックの実物の大戦モデルのジーンズの糸を分析して織り上げたデニム生地を使用しています。デットストックのデニム生地の糸だからこそ知り得た糸番手、「6.7番×6.6番」で織り上げています。糸番手だけでなく、ヴィンテージのデニム特有の「ナカジロ」がしっかりキープされたインディゴのロープ染めを、ウエアハウス独自の染色工程を経て再現するしています。

  WARE HOUSE(ウエアハウス)の Dead Stock Blue Lot.S1003XX(1000XX) 1942 Model WW2 大戦モデル デットストックブルー のご紹介です。WW2による物資統制は多くの仕様変更を余儀なくされました。バックシンチの省略に始まり、リベット補強の制限、バックポケットの飾りステッチの廃止など、これまでの仕様から大きく姿を変えました。この様々な特異なディテールの組み合わせを持つ大戦モデルは多くのデニムコレクターを魅了してやみません。今回、最初期の大戦モデルと位置付けられる非常に珍しいディテールを備えた1942モデルを、ウエアハウスの最高峰レーベルデットストックレーベルよりリリースされます。
  まず、最も目の引く股に残る補強用のクロッチリベット。1942年に戦時生産局から出された文書の簡略化規制の中に、ベルトループの取り付けを除き、9つをこえるバータックまたはリベットの使用禁止の項目がありました。これによって大戦モデルのジーンズにはフロントポケットの4つのリベットと、バックポケットの隠しリベット4つ、そして股下のバータック1つのみの計9箇所になります。今回の1942モデルは物資統制直後に生産されため規制の周知が不十分となりクロッチリベットを打たれたものと考えられています。また、飾りステッチが省略されたバックポケットには赤いペンキによるステッチデザインがペイントされています。参考にしたデットストックの大戦モデルのペンキステッチのカラーを再現したものです。大戦モデルのディテールの中で、コレクターに珍重されるディテールの一つがフロントポケットのスレーキ生地です。これも資材の制限から残布のコットンフランネルやヘリンボーンツイルなどが見られますが、この1942モデルにはライトオンスデニム生地が使用されています。その他にもタックボタン裏の銅メッキや前立て裏のロック処理、廉価なボタンではなくオリジナルボタンの使用など見所の多いアイテムです。

 生地は「WW2」時代のデッドストックのデニムをそのまま糸番手から再現しました。糸番手だけでなく、ヴィンテージのデニム特有の「ナカジロ」がしっかりキープされたインディゴのロープ染めを、ウエアハウス独自の染色工程を経て再現するしています。

ブランド WAREHOUSE(ウエアハウス)
商品名 Dead Stock Blue Lot.S1003XX(1000XX) 1942 Model WW2 大戦モデル デットストックブルー
商品番号 DSBS1003XX1942
カラー インディゴ(ノンウォッシュ)
サイズ 29、30、31、32、33、34、36
素材 コットン100% (6.7番×6.6番 ピクセルビッチWW2デニム)
生産国 日本製
洗濯表記
洗濯表示について詳しくはこちら⇒
備考 未洗の製品です。洗濯によりサイズ表より次の縮が生じます。ウエスト-約5〜6cm、前股上-約1〜2cm、後股上-約2〜3cm、レングス-約6〜7cm、ワタリ-約1〜2cm、裾幅-約1cm
素材の特性や仕上げの方法によって、各所の寸法には若干の個体差(約1〜2cm程度)が生じます。また、お使いの端末の設定や環境によって、商品の色が実際の色と多少異なる場合もございます。予めご了承ください。

サイズ表/cm ウエスト(W) ウエスト幅(WW) 前股上(FR) 後股上(BR) レングス(L) ワタリ(T) 裾幅(O)
29 88 42.5 32.5 41 89 31.5 21.5
30 87 42 31.5 41.5 89 31.5 22
31 89 43 32 42 89 32 22.5
32 92 44.5 32.5 43 89 32.5 23
33 95 45.5 33 43.5 89 33.5 23.5
34 97 46.5 33.5 44 89 34.5 24
36 100.5 49.5 34.5 45.5 89 36 24.5
* (W) Waist , (WW) Waist Width, (FR) Front Rise , (BR) Back Rise ,(L) Length , (T) Mid tight ,(O) Leg Opening
サイズについて詳しくはこちら⇒
カラー
サイズ
 インディゴ(ノンウォッシュ)
2931,900円(税込)
×SOLD OUT
3031,900円(税込)
×SOLD OUT
31
3231,900円(税込)
×SOLD OUT
33
3431,900円(税込)
×SOLD OUT
36